3分で読める

ダイソーネットストアとオンラインストアの違いとおすすめの使い方

2021年10月よりオープンとなった「ダイソーネットストア」。ダイソーの商品をネット購入できる便利なネットショップです。本記事では、ダイソーネットストアは従来の「ダイソーオンラインショップ」とどう違うのか、その違いと、ダイソーネットストアの便利な使い方をご紹介します。

ダイソーネットストアとオンラインショップの違い

ダイソーネットストアダイソーオンラインショップの大きな違いは、ネットストアは単品買いができる点です。従来のダイソーオンラインショップは、セット買いやまとめ買い用のサイトで、利用方法が大きく異なります。

ダイソーのオンライン通販は、上記2サイト以外に大量注文用のWeb注文サイトもあるので、購入したい数によって、3サイトを使い分けるといいでしょう。

ダイソーネットストアは、単品買いできますが、最低購入金額が合計金額1,650円と決まっている点には要注意です。送料は770円からで、送料無料ラインは合計購入金額1万1,000円(税込)以上となります。

【2023年度】いまさら聞けない!103万の壁、130万の壁どちらが得?年収103万円の壁と130万円の壁について扶養内パートの働き方情報を網羅。各壁の内容と「所得税」「住民税」の納税義務や「社会保険」加入義務が発生するボーダーラインをわかりやすく解説。今回は2022年10月に改正される社会保険加入条件変更の最新情報も記載。...

ダイソーネットストアの便利な使い方3選

単品買いができるダイソーネットストアの便利な使い方は、以下の3ケースです。

  • 欲しい商品が決まっているが実店舗で見つからないケース
  • 固定の商品をリピ買いしているケース
  • 実店舗に行く余裕がない・実店舗が近くにないケース

どういう面で便利なのでしょうか。順番に説明します。

便利な使い方1:欲しい商品が決まっているが実店舗で見つからないケース

SNSなどで話題になる新商品や季節商品を探して、実店舗をいくつも回る、といった経験はないでしょうか。また、ダイソーの店内は商品数も多く、お目当ての商品を探すのに時間がかかりがちです。

ダイソーネットストアなら、新商品の情報を見てすぐにチェックすれば、実店舗をいくつも回る手間をかけずに、欲しい商品を購入できるでしょう。

便利な使い方2:固定の商品をリピ買いしているケース

ダイソーで決まった消耗品を定期的にリピ買いしている場合にも、ダイソーネットストアは便利です。ダイソーオンラインショップの場合、セットの数量が多く、保管場所に困るケースもあるでしょう。ネットストアなら必要数ずつの購入が可能です。

便利な使い方3:実店舗に行く余裕がない・実店舗が近くにないケース

ダイソーが近くになく、交通費を払ってまでダイソーへでかける方や、仕事などが忙しくダイソーの営業時間に間に合わない方にも、ダイソーネットストアはおすすめです。自分の都合に合わせて欲しい商品を気軽に購入できます。

ダイソーネットストア利用時の注意点3つ

ダイソーネットストアを利用する場合、注意点がいくつかあるため、利用前に確認しておきましょう。

注意点1:色・柄・デザインが複数ある商品の場合、種類の指定ができない

もっとも注意したいポイントは、色・柄・デザインが複数ある商品だと種類の指定ができず、ランダムに届く商品を待たなければならない点です。色・柄・デザインにこだわりがある場合は、従来通り実店舗で探すしかありません。

注意点2:お気に入りの登録機能がない

商品の入れ替わりが激しいせいかもしれませんが、ダイソーネットストアにはお気に入り商品を登録する機能がありません。特に同じ商品をリピ買いする場合は、少々不便です。今のところは、自分でWebブラウザでリピ買い商品のページをブックマークすることをおすすめします。

注意点3:食品系の取り扱いがない

実店舗なら取り扱いのある食品系の商品ですが、ダイソーネットストアにはありません。ダイソーで食品系の商品を購入したい場合は、実店舗にて購入する必要があります。

単品買いで利用しやすいダイソーネットストア

ダイソーネットストアは、単品買いのできるダイソーのオンライン通販サイトです。商品構成や注文方法、品ぞろえなど、実店舗やまとめ買い用サイトとの違いを確認し、うまく使い分けてくださいね。

文・藤森みすず

大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。金融記事をはじめ旅行や時事ネタなど多くの記事を執筆。